教員紹介
トップページ
研究分野
技術社会システム
生産環境システム
経営情報システム
プロジェクトマネジメント
リスクマネジメント
教員紹介
技術社会システム分野
荻林 成章 教授
仁井田 和雄 教授
藤本 淳 教授
山口 佳和 教授
村上 利幸 教授
生産環境システム分野
大田 勉 教授
久保 裕史 教授
白井 裕 准教授
小野 浩之 助教
経営情報システム分野
井上 明也 教授
岩下 基 教授
椎名 孝之 教授
高木 徹 教授
プロジェクトマネジメント分野
新井 潔 教授
五百井 俊宏 教授
谷本 茂明 教授
遠山 正朗 教授
服部 光郎 教授
堀内 俊幸 教授
鴻巣 努 准教授
下田 篤 准教授
加藤 和彦 准教授
リスクマネジメント分野
柴田 清 教授
徐 春暉 教授
森 雅俊 教授
山崎 晃 教授
安藤 雅和 准教授
藤本 淳 教授
 分野名  1.エコデザイン
 2.サステイナブル・デザイン
 研究分野・テーマ  スマート・コンビニエンスストア
 持続可能社会像の描写に関わる研究
 研究紹介  ・小型ワイヤレスクランプセンサを開発し、国内大手コンビニエンスストア国内約2,000店舗で消費電力モニタリングを実施し、省エネ対策を立案している。さらに、この取組の米国・中国への展開をはかっている。
 ・わが国の持続可能性に関して、クルマ社会、消費者行動、および製造業の3つの視点で、検討している。
 研究論文発表
 (1)  Fujimoto, Jun, and DeanPoland, Sustainable approach to automobile society in Japan, Sustainability; Science, Practice, & Policy, Winter 2013, Vol. 9, Issue 1, pp1-7, 2013
 (2)  松本光崇、藤本淳、古澤真吾、鈴木章夫、無線ユビキタスセンサを用いた電力モニタリング第三報:コンビニエンス・ストアの省電力対策への応用、Journal of Japan Society of Energy and Resources、Vol. 34, No. 1,pp.7-14, January, 2013
 (3)  Jun Fujimoto and Dean Poland, Concept of Dual Traceable Ownership System (DTOS) as a Sustainable Design for Product Recycling, Post-Consumer Waste Recycling and Optimal Production, ISBN 978-953-51-0632-6, InTech, Chapter 5, pp81-98, 2012.
 (4)  藤本淳, 三谷庸, 伊藤寿浩, 前田龍太郎, 無線ユビキタスセンサを用いた電力モニタリング第二報:コンビニエンス・ストアへの応用, Journal of Japan Society of Energy and Resources, Vol. 32, No. 3, pp. 16-23, May, 2011.
 (5)  藤本淳, 秦智之, 伊藤寿浩, 無線ユビキタスセンサを用いた電力モニタリング第一報:社会実証実験とセンサの普及課題, Journal of Japan Society of Energy and Resources, Vol. 32, No. 3, pp. 9-15, May, 2011.
 (6)  藤本淳(編著)、CREST-ULP前田チーム著、データセンタ・情報機器の電力消費のムダを切る、日刊工業新聞社、Sept. 2010.
 担当講義  1.開講中の講義名:
 2.開講したい講義名:エコデザイン序説
 プロフィール
 2002年~2011、東京大学先端科学技術研究センターで特任教授。アジアエコデザイン戦略、IT社会のエコデザイン、温暖化対策技術の普及に関する研究を実施。
 2009年、世界最大規模の環境技術に関する国際会議EcoDesign2009の組織実行委員長。
 現在、日本商工会議所環境専門委員、立川商工会議所環境ECO推進協議会座長、(独)産業技術総合研究所集積マイクロシステム研究センター招聘研究員を兼務。