教員紹介
トップページ
研究分野
技術社会システム
生産環境システム
経営情報システム
プロジェクトマネジメント
リスクマネジメント
教員紹介
技術社会システム分野
荻林 成章 教授
仁井田 和雄 教授
藤本 淳 教授
山口 佳和 教授
村上 利幸 教授
生産環境システム分野
大田 勉 教授
久保 裕史 教授
白井 裕 准教授
小野 浩之 助教
経営情報システム分野
井上 明也 教授
岩下 基 教授
椎名 孝之 教授
高木 徹 教授
プロジェクトマネジメント分野
新井 潔 教授
五百井 俊宏 教授
谷本 茂明 教授
遠山 正朗 教授
服部 光郎 教授
堀内 俊幸 教授
鴻巣 努 准教授
下田 篤 准教授
加藤 和彦 准教授
リスクマネジメント分野
柴田 清 教授
徐 春暉 教授
森 雅俊 教授
山崎 晃 教授
安藤 雅和 准教授
岩下 基 教授
 分野名  1.情報システム
 2.データマイニング
 研究分野・テーマ  研究分野:情報通信/時系列解析/予測推定
 テーマ:ユーザ行動を基本としたICTインフラ整備およびサービス普及の研究
 研究紹介  情報通信技術の進展に伴うビジネスや政策のもとで、ICTインフラ整備や各種サービス普及を促進するため、ユーザ利用動向や地域特性及びその変化等の様々な事象をシステムとして捉えた構造分析・評価法および潜在需要推定手法を研究テーマとする。具体的には、各種要因間の複雑な因果関係を、ICTインフラ構造とブログなどのテキスト情報をもとに時系列に関連づけ評価する手法を開発するとともに、サービス普及の鍵となるアーリーアダプタの行動等を面的な側面からモデル化し、潜在需要を時系列・面的両面から推定する手法を開発する。
 研究論文発表
 (1)  岩下基著、情報通信工学、共立出版、2012年11月
 (2)  M. Iwashita et.al., Micro area selection framework for ICT infrastructure diffusion based on commuting flow, Int. J. Computer & Information Science, Vol. 13, No. 2, pp. 0-19, 2012年12月
 (3)  M. Iwashita et. al., Path management method for large-scale MPLS networks from viewpoint of operational cost factors, Int. J. Internet Technology & Secured Transactions, Vol. 4, Nos. 2/3, pp. 105-120, 2012年7月.
 (4)  M. Iwashita et. al., Semantic analysis and classification method for customer enquiries in telecommunication services, EAAI, Int. J. Intelligent Real-Time Automation, Vol. 24, No. 8, pp. 1521-1531, 2011年12月
 (5)  M. Iwashita et. al., Broadband demand analysis for network building, The Rev. Socionet. Strat., Vol. 4, pp.17-28, 2010年6月
 担当講義  1.開講中の講義名:情報システム特論
 2.開講したい講義名:
 プロフィール
 1985年早稲田大学理工学研究科博士前期課程修了。同年日本電信電話株式会社(NTT)入社。NTT研究所にて、光アクセスネットワークのモデル化・評価手法、マルチサービスのトラヒックを考慮したネットワーク設計研究に従事。1999年工学博士(早稲田大学)。1992年から1年間、英国ブリティッシュテレコム研究所客員研究員。2010年より、千葉工業大学社会システム科学部に在職。IEEE、電子情報通信学会、日本OR学会、人口知能学会、経営情報学会各会員。