教員紹介
トップページ
研究分野
技術社会システム
生産環境システム
経営情報システム
プロジェクトマネジメント
リスクマネジメント
教員紹介
技術社会システム分野
荻林 成章 教授
仁井田 和雄 教授
藤本 淳 教授
山口 佳和 教授
村上 利幸 教授
生産環境システム分野
大田 勉 教授
久保 裕史 教授
白井 裕 准教授
小野 浩之 助教
経営情報システム分野
井上 明也 教授
岩下 基 教授
椎名 孝之 教授
高木 徹 教授
プロジェクトマネジメント分野
新井 潔 教授
五百井 俊宏 教授
谷本 茂明 教授
遠山 正朗 教授
服部 光郎 教授
堀内 俊幸 教授
鴻巣 努 准教授
下田 篤 准教授
加藤 和彦 准教授
リスクマネジメント分野
柴田 清 教授
徐 春暉 教授
森 雅俊 教授
山崎 晃 教授
安藤 雅和 准教授
下田 篤 准教授
 分野名  1.プロジェクトマネジメント
 2.品質マネジメント
 研究分野・テーマ ・製品開発活動の計画・計測・管理技術
・人の行動の計測データを用いた管理技術
・不確実性下のスケジュール作成技術
 研究紹介  我々の主な研究対象は,製品開発プロジェクトの上流工程で実施される研究開発,設計開発,ソフトウェア開発といった知的生産活動を対象とした,計画・計測・管理技術である.知的生産活動の成果物であるドキュメントやソフトウェアの出来栄えは目に見えにくいため,完成度や品質が把握しにくい問題がある.そこで,我々は知的生産活動を行う人間の行動をコンピュータやツールを用いて計測,管理することにより成果物の完成度や品質を推定することを試みる.具体的には,ドキュメント作成作業の計測・評価技術,会議議事録の作成支援技術,不確実性さを考慮したスケジュール作成技術,理想的な研究開発活動のモデル化,といったテーマに取り組んでいる.
 研究論文発表
 (1)   Y. Kawamata, H. Ono, A. Shimoda, T. Horiuchi, “ A Study on Quality Risk Management using the Risk Database”, Proceedings of the 6th International Conference on Project Management (ProMac2012) pp.733-738, (2012.10, Honolulu(USA)).
 (2)  永松陽明, 岡田公治, 下田篤, 久邇朝宏, 門脇潤, 喜古俊一郎, 薮田昭司, 細谷清和, 谷口芳夫: “業務プロセスのベストプラクティス表現方法立案とライブラリ構築”, プロジェクトマネジメント学会誌, Vol.13, No.1, pp.22-27(2011.2).
 (3)  下田篤, 小杉秀則, 狩野隆文, 薦田憲久: “製品の仕様代替性と部品消費バランスを考慮した受注生産製品の推奨方式”, 電気学会論文誌C (電子・情報・システム部門誌), Vol.130, No.5, pp.895-902 (2010.5).
 (4)  下田篤, 久邇朝宏, 永松陽明, 岡田公治, 門脇潤, 喜古俊一郎, 薮田昭司, 細谷清和, 毛利守夫: “製品実現のための業務の仕組みと実行レベルの評価に基づくプロセス改善手法-品質経営評価技法の適用によるプロセス改善-”, プロジェクトマネジメント学会誌, Vol.12, No.1, pp.35-41(2010.2).
 (5)  A. Shimoda, H. Kosugi, T. Karino, and N. Komoda, “Recommendation Method forBuild to Order Products Considering Substitutability of Specifications and StockConsumption Balance of Components”, in Proc. of IEEE Int. Conf. on ServiceOperations, Logistics and Informatics (SOLI 2009), pp.347-352 (2009.7, Chicago(USA)).
 (6)   久邇朝宏, 下田篤, 岡田公治, 門脇潤, 薮田昭司, 細谷清和, 喜古俊一郎, 毛利守夫:“業種別に見たプロジェクトマネジメントの仕組みと実行レベルの比較分析-品質経営評価技法の開発と適用-”, プロジェクトマネジメント学会誌, Vol.11, No.2, pp.26-31(2009.4).
 (7)  A. Shimoda, H. Kosugi, T. Karino, and N. Komoda: “Demand Forecasting Methodfor Build-To-Order Products using Quote Information as an Advance Indicator”, inInnovation in Manufacturing Networks: Proc. of 8th IFIP Int. Conf. onInformation Technology for Balanced Automation Systems (BASYS 2008), IFIP Vol.266, Springer, pp.189-196 (2008.6, Porto(Portugal)).
 (8)  下田篤, 小杉秀則, 狩野隆文, 薦田憲久: “見積情報を先行指標として利用した受注生産製品の需要予測方式”, 電気学会論文誌C (電子・情報・システム部門誌), Vol.128, No.4, pp.562-568 (2008.4).
 (9)  A. Shimoda, K. Watanabe, Y. Takagi, and S. Maeda: “Short Cycle Killer-particleControl based on Accurate In-Line Defect Classification”, in Proc. of 9th Int.Symposium on Semiconductor Manufacturing (ISSM2000), pp.199-202 (2000.9, Chiba(Japan)).
 (10)  A. Shimoda, H. Iwata, Y. Shibata, and H. Ikeda: “Thin Film Magnetic Head WaferInspection Technique using Geometrical Feature-Based Image Comparison”, inProc. of IAPR Workshop on Machine Vision Applications (MVA'98), pp.531-534(1998.11, Tokyo(Japan)).
 担当講義  1.開講中の講義名:
 2.開講したい講義名:システム工学特論
 プロフィール
 1990年3月早稲田大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了.同年,(株)日立製作所入社.同社生産技術研究所において,製品外観検査技術の研究,製品構成管理技術の研究,設計品質評価技術の研究に従事.2012年4月より千葉工業大学社会システム科学部プロジェクトマネジメント学科准教授.博士(情報科学,大阪大学).プロジェクトマネジメント学会2011年度論文賞受賞.プロジェクトマネジメント学会,電気学会,日本経営工学会,日本オペレーションズ・リサーチ学会,各学会の会員.